メール サイトマップ トップページへ
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
緊急情報
教育委員会情報
生涯学習講座情報
スポーツ情報
市立小中学校
サイトの現在位置
トップ教育研修所教育研修所紹介所長あいさつ
 
2017年8月29日 更新
印刷用ページを開く
所長あいさつ
 本市は,「富士山―信仰の対象と芸術の源泉」である世界文化遺産「富士山」の麓に抱かれ,美しい自然に恵まれた高原の都市です。市内のほぼ中心に教育委員会があり,その一翼にある当研修所は,昭和27年に設立された県内でも有数の歴史をもった研修機関並びに教育研究機関であり,本市の教育の振興及び児童・生徒の健全育成に大きな役割を果たしてきました。
 富士北麓に生を受け,朝な夕な富士山を仰ぎながら生活する私たち富士吉田市民は,人生の多くの規範をこの山に求め,数多くの教訓を学び,大きな感化を受けてきました。ここから,市民全員の教育規範であり,教育指針である「富士山教育憲章」が昭和60年に制定され,富士吉田教育の理念として確立されました。
 そして,富士山教育憲章の理念を具現化するために,学校教育はもとより,社会教育を含めた市民総参加による教育活動を通じて,「富士山をかがみとした心豊かでたくましく国際社会に通じる児童・生徒の育成」をめざす「富士山教育」が生み出されました。
 この「富士山教育」の振興の一翼を担う使命を,当研修所は担っています。具体的には,「富士山教育研究実践事業」,「外国語指導講師派遣事業」,「研修所事業(研修,学力向上,派遣事業,調査・研究,教育相談)」の3つの柱となる事業を展開し,教職員の専門的力量を高めるための研修と教育諸課題並びに教育指導上に関する研究を推進することで,富士山教育の充実・発展につなげています。
 平成32年度より新学習指導要領が全面実施されます。今回の改訂の趣旨は,グローバル化や技術革新などによる予測が困難な社会の変化に主体的に関わり,持続可能な社会の担い手として,個人と社会の成長につながる新たな価値を生み出すなど、未来社会を切り拓くための資質・能力を一人一人の子供たちに確実に育成することにあります。学校教育が大きく転換しようとしています。「社会に開かれた教育課程」の編成,カリキュラム・マネジメントの充実,「主体的・対話的で深い学び」の実現,外国語教育の充実,ICT教育・プログラミング教育の推進,地域と学校の協働活動の推進など,新たな視点での教育改革への対応が学校に求められます。
 このような状況の下,当研修所の役割である「教職員の資質向上と教育研究の充実」を一層充実させ,学校教育を強力に支援していかなければなりません。次世代を担う富士吉田市の子どもたちが,郷土に誇りを持ち,夢や希望を抱きつつ,たくましく心豊かに育ち,未来の活力ある富士吉田市を共創できる人づくりに向けて,所員一同,一枚岩となって職務に励み,使命を果たして参ります。
所長 宮下 敏幸
本文終わり
ページのトップへ
富士吉田市立教育研修所
〒403-8601 富士吉田市下吉田6-1-1
Tel: 0555-23-1766  Fax: 0555-22-6551
E-Mail: こちらから