メール サイトマップ トップページへ
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
緊急情報
教育委員会情報
生涯学習講座情報
スポーツ情報
市立小中学校
サイトの現在位置
トップ教育研修所研修事業■夏季研修会
 
2017年8月29日 更新
印刷用ページを開く
■夏季研修会
  教育研修所の夏の研修会に多くの先生方の参加がありました。研修会の様子や先生方の意見をベースに,来年度の夏の研修会の方向性や,今後の事業運営等を考えていきたいと思っています。
 特別支援教育研修会
 7月26日(水)9:30〜11:30
 県教育委員会指導主事,若槻洋貴先生を講師に招き,自身の実践に基づいたお話を聞いたり,具体的な事例に基づいた演習などを行ったりしていきました。例えば「勝ち負けに対するこだわり」がある子に,どう接したら良いのかといった事例がありました。「負けたんだから,しょうがないでしょ」では,「こだわり」がある子には通用しませんよね。パニックになるかもしれません。どんな風に声をかけ,どんな風に導いていけば良いのか,先生方と一緒に考えていきました。教室の中に特性を持つ子どもがいる事は,当たり前なんだと思います。特性を持つ子たちにどう接してあげるのが望ましいのか,若槻先生とクラスの子との交流には,思わずウルっとするものもあり,教育の原点である「特別支援教育」を,見つめ直す機会となりました。


先生方の意見
・実践経験のある方の研修で,自分と置き換えて反省し,挑戦した
 い事を考えた。
・意見交換を通し,色々な人の考えを聞くことが出来て良かった。
・事例が具体的であり,普段の子ども達の事を思い浮かべながら聞
 くことができた。
・特性を持つ個への対応は様々なので,色々な話を聞いて対応の枠
 を広げたい。


 教育相談研修会
 7月26日(金)/8月8日(金) 13:30〜16:00
 アドラー心理学に基づく,コミュニケーションスキルの演習や,勇気づけを用いた個や集団への支援について,学びました。アドラー心理学では,「褒める」事を否定していませんが,褒めるではなく「勇気づける」ことを重視しています。では「勇気」とは何でしょうか。「リスクを引き受ける能力」「困難を克服する活力」「人と協力できる能力」「自己信頼の具体的な表れ」「自分自身の能力を信じること」
では,他者を「勇気づける」ためには,どんな技術が必要なんでしょうか?こういった「技術」演習を通して学んでいきました。技術と言ってもそこまで難しいものではありません。「ヨイ出しをする」「貢献や協力に感謝する」「結果ではプロセスを重視する」「失敗を受け入れる」「相手に判断をゆだねる」「I メッセージを使う」講師の森崎先生には,4月にも来ていただき,特別支援教育研修会を担当していただいています。その森崎先生から,吉田の先生方の熱心さへの感謝を後日伺うことができました。
先生方の意見
・ただ話を聞くだけでなく,活動しながら実感して学ぶことがで
 き,楽しく有意義な時間であった。
・とても良い内容なので、もっと市内の先生が参加されると良い
・研修後に我が子に実践してとても効果を感じた。
・具体例を交え,色々なお話をしてくれたので面白かったです。素
 敵な講師の方だと思いました。

 富士山学習視察研修会
 7月31日(月)9:00〜16:00
 今年度より,視察研修にテーマを設けることとし,そのテーマに沿って研修を実施しました。第1回目のテーマを「富士山の災害と恵みから見る富士吉田 〜雪代と用水路を巡る〜」として,ふじさんミュージアムの篠原学芸員を講師に,市内を巡っていきました。浅間神社の境内を流れる「御手洗川」ですが,その後,どこに流れていくかをご存じですか?そう,御師の家を流れる「ヤーナ川」です。でも,それだけではありません。市内を流れる用水路にも流れ込んでいます。では,用水路はどこを流れているか知ってますか?その流れを辿っていくと,市内を流れる水が「信仰」と「生活」と,2つの側面を持っていることに気付きます。明見を流れる「桂川」に,200年ほど前に雪代を防ぐ「堤防」が作られ,それが今も残っていることにも驚きでした。知っているのと知らないのとでは,普段の生活での見方も変わったり,子供たちへの伝え方も変わってきます。地域を見つめ直す,とても大切だと感じました。そうそう,「ブラタモリ」でタモリさんが最後に入った「町はずれにある謎のトンネル」にも潜りました。今回の研修を子供たちの指導にお役立ていただきたいです。

先生方の意見
・何気なく通る場所に「こんな所があった。」「だから水が流れているんだ」と発見があった。
・断片的な知識でなく,その地域の自然や生活から視点を決めて順次見学できたので,大変興味深く,分かりやすい研修であった。
・地域に住んでいても,行ったことのない場所や知らない事が多くあることを改めて感じる事ができた。今後の学習に役立てていきたい。
 外国語教育研修会
 8月7日(月)13:30〜16:30
 来年度から始まる小学校外国語教育。しかし,自分も含めて多くの現職の小学校教諭は,「外国語の教え方」を学んできていません。どの様に自分が主となり授業を行っていけば良いのかや,どの様にAETの先生と連携して授業を進めていけば良いのかを,小学校,中学校の先生方で共に,学び考えていきました。ウォーミングアップや,挨拶の仕方,また本時の目当ての提示の仕方など,基礎基本から考えていきます。しかし,この基礎基本も難しいなぁと感じました。本時の目当てを理解させるために,スキットを繰り返しますが,どの様に表現すれば,どう伝えれば子供に課題を明確に伝える事が出来るのか,なかなか簡単ではないと感じました。外国語教育に関して文科省のHPでも徐々にですが,教科書などの教材の一部が提示され始めています。来年からの実施に向けて,アンテナを高くする必要を感じました。
先生方の意見
・実践後にポイントを示してもらい,様々に応用できると感じた。
・4月から評価も含めた小学校での英語が導入される中で,誰が何
 をどのようにまでを短期間で準備しなければならないので,必要
 な研修である。
・HRTが中心となり授業を行うために必要な研修である。
・教師自身が知っている言葉で児童にめあてとなる表現や使い方を
 学ばせることは,とても難しいと感じた。

 ICT研修会
 8月9日(水)
AMネットワーク研修 PMデジタル教科書研修

 市内小中学校のPC室環境やセキュリティ,そして授業支援ソフトであるSKY MENUについて学ぶネットワーク研修会です。SKY MENUですが,単に児童生徒の画面を確認したり,先生機の画面を転送したりするだけのソフトではありません。児童生徒の意思をパッと確認するための「アンケート機能」や,予め用意した教材の「配布・回収」などの機能もあります。普段あまり使ってないけど,実は便利な機能を学んでいきました。
デジタル教科書研修では,小学校に入っている「国語・算数」のデジタル教科書の効果的な活用法を学びます。やはりこれも普段使ってないけど,実は便利な機能が満載なんですよね。講師に後で聞いたら,こういった研修会の中で「こんな機能が欲しい!!」という話があると,可能な限り実装を目指すそうです。ですから,日々ちょっとずつ進化しているんですね。
先生方の意見
・デジタル教科書を使っていない者でも対応できる内容で良かっ
 た。
・初めて知った事がたくさんあった。色々な機能を知ることが出来
 たので,もっとデジタル教科書を活用していきたい。
・これまであまり使っていなかったので,図形の単元や計算のドリ
 ル機能を使いたい。
・すぐに利用できそうなものも多いので,様々な機会に活用した 
 い。

本文終わり
ページのトップへ
富士吉田市立教育研修所
〒403-8601 富士吉田市下吉田6-1-1
Tel: 0555-23-1766  Fax: 0555-22-6551
E-Mail: こちらから