メール サイトマップ トップページへ
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
緊急情報
教育委員会情報
生涯学習講座情報
スポーツ情報
市立小中学校
サイトの現在位置
トップ教育委員会情報社会教育委員の制度平成30年度 関東甲信越静社会教育研究大会
 
2018年11月21日 更新
印刷用ページを開く
平成30年度 関東甲信越静社会教育研究大会
第49回を迎える教育研究大会が長野県長野市で開催されました。
スローガンは『信州で 出会い・ふれあい・学びあい 皆で語ろう 地域づくりは人づくり』。
本市からは社会教育委員4名が参加しました。
1日目 基調講演
 「人と地域が育つ社会教育の役割」をテーマに東京大学名誉教授 佐藤一子氏による基調講演が開催されました。
 超高齢化社会またグローバル化など激変する時代の中で、社会教育=生涯学習=学び続けることの大切さを説いていました。


2日目 第1分科会
 「学校・家庭・地域の連携と社会教育のあり方」
 千葉県鋸南町、長野県長野市、高山村の3つの事例発表がありました。
 どこの発表にも子供を育てること中心として捉え、地域の大人達が環境づくりをする姿が見受けられました。
1日目 パネルディスカッション
 「連携・協働による未来志向の社会教育のあり方を考える」と題し、大学教授から公民館主事まで5名のパネリストによる意見交換会が開催されました。 多様化する社会において、未来を担う子供たちへの社会教育や学び(地域の大人との接点)の環境を創設することが重要だと説いていました。
2日目 第4分科会
「社会教育委員の役割と社会教育」
 新潟市、長野県小諸市、喬木村の3つの事例発表がありました。
 社会教育委員が積極的に事業を展開する姿に刺激を受けました。
 ワークショップでは多くの市多町村との交流があり意見交換することができました。
本文終わり
ページのトップへ
生涯学習課 生涯学習担当
〒403-8601 山梨県富士吉田市下吉田6-1-1
Tel: 0555-22-1111  内線 521  Fax: 0555-22-6552
E-Mail: こちらから