本文
サイトの現在位置
2022年9月22日 更新 印刷用ページ印刷用ページを開く
令和4年 給食紹介

9月20日 (小学校は運動会振替休日、中学校のみ)

〇まるパン

〇手作りハンバーグ
給食のハンバーグは、大豆のクラッシュや押し豆腐・豆乳が入っているので栄養満点です。ソースもシンプルにケチャップとソースで
作りました。中学生の皆さん、手作りの味はいかがでしたか?形も味も愛情満点なハンバーグ、是非味わいながら食べてもらいたいです。

〇コールスローサラダ
キャベツをみじん切りや千切りにしたサラダで、マヨネーズやフレンチドレッシングで和えました。

〇ラビオリスープ
ラビオリとは、小麦粉で練って作ったパスタ生地で挽肉や野菜を挟み切り分けたパスタです。野菜を入れたコンソメの味で仕上げました。

9月16日 運動会応援給食!

〇チキンカツカレー
小学校の運動会前日ということで、給食も「運動会頑張って!メニュー」を提供しました。勝負に勝つようにという願いを込めて「勝つ」=「カツ」を掛けたチキンカツと、学校も慌ただしい一日なので配膳しやすく、子ども達にも人気のカレーを提供しました。

〇カラフルサラダ
きゅうり・人参・赤パプリカ・ブロッコリーが入っていました。グリーンの中に、人参の赤をちょっと目立たせたサラダでした。煮物に入る大きな人参より、今回のサラダのように千切りになった細い人参のほうが食べやすかったでしょうか?お刺身のツマのような感じですが、いかがでしたか?人参が入る事で華やかな色合いになります。

9月15日 地産地消給食(じゃがいも)

〇そぼろパン

〇オムレツ

〇やさいのソテー

〇ミネストローネ
ミネストローネに入っていたじゃがいもは、富士吉田で収穫されたものです。じゃがいもは、ビタミンCが豊富で加熱調理しても栄養分が減少しないのが特徴です。炒め物や煮物汁物揚げ物など料理の幅が広い食材です。

〇冷凍みかん

9月14日  味巡り給食 福岡県

9月の味巡りは、福岡県です。毎月各県の郷土料理を紹介しています。その地域の特産物・郷土料理や歴史や風土を給食で紹介しています。郷土料理を給食風にアレンジすることもありますが、旅行した気分になったり、各地の名産や特産物を知る機会にもなりますので毎月楽しみにしていてくださいね。

〇ご飯

〇真鯛の醤油麹つけ
新型コロナ感染症の影響で、消費されなくなった水産業を助ける国の事業の一環で、昨年度も今年度も無償で提供されたお魚です。鯛は味が淡泊でさっぱりしていましたが、肉厚のお魚でした。給食で鯛が提供出来ることを、感謝しています。

〇がめ煮
福岡県の代表的な郷土料理です。博多の方言「がめくりこむ」(寄せ集めるの意味)が名前の由来とされています。昔、「どぶがめ」と呼ばれていたスッポンと、あり合わせの材料を煮込んで食べたのがはじまりで、そこから「がめ煮」と呼ばれました。今では、スッポンではなく鶏肉を使うのが一般的で骨付きの鶏肉が使われることもあります。

〇そうめんちり汁
糸島地区の郷土料理で、お祭りや親戚の集まりなどのお祝いの席で食べられています。鶏肉や旬の野菜を大きめに切り、出汁と煮込んで素麺と一緒にいただきます。

〇博多通りもん
博多名物の有名な洋風なお饅頭です。白あんにバターや卵を使用したしっとりとしたお饅頭です。

9月13日

〇ソフトフランスパン(メープルマーガリン)

〇白身魚のフライ(中濃ソース)

〇ラタトゥイユ
ラタトゥイユは、夏野菜がたくさん入っています。夏野菜は、水分やカリウムを豊富に含んでいるものが多く、夏バテや熱中症の予防効果があります。

〇コンソメスープ

9月12日

〇麦ごはん

〇豚肉の生姜炒め

〇キャベツの浅漬け

〇かぼちゃの味噌汁
かぼちゃは、夏が旬の野菜で、β-カロテンやビタミンを多く含んでいます。凹凸の多い日本かぼちゃと溝のないつるりとした西洋かぼちゃがあります。お店で探してみましょう。

9月9日 十五夜給食

9月10日が、十五夜でした。10日が土曜日のため、前日が十五夜給食でした。十五夜とは、おもに月の満ち欠けをもとにして作られた昔のこよみ(旧暦)で、8月15日のことです。夜は涼しく空気も澄んでいるので、一年の中で一番美しい満月とされています。土曜日のお月様は、丸くて月明かりも明るかったですね。
十五夜は、月見団子、稲に見立てたすすき、収穫された農産物をお供えします。十五夜の時には、里芋を供えることが多く「いも名月」とも呼ばれています。

〇ごはん

〇いか焼き味噌だれ
いかは、あかいかと言う厚みのあるいかを使用します。切り込みも入れてあり、味が染み込みやすくなっています。下味をつけて、甘味噌のタレをかけました。よく噛んで食べる食材に、オススメの一品です。


〇筑前煮
「いも名月」と言うことで、筑前煮の中に里芋を入れました。里芋は、親芋を囲うように子芋、孫芋が育つため、豊作や子孫繁栄の象徴ともされる食材です。煮物は、児童生徒の皆さんが苦手意識を持ちやすい旬の野菜を、おいしくいただける一品だと思います。自分のお皿に盛られた量は、残さず食べるように心がけましょう。調理した人たちに感謝の心をもちながらしっかり食べましょう。

〇手まり麩のすまし汁
給食では、塩分を少なくしても美味しく食べられるように、出汁を多く使用しています。出汁の香りを味わいながら、汁の中のピンク色
の小さなお麩と三つ葉の香りを楽しんでいただけたでしょうか?
いつもの葱の香りとはちょっと違いますが、気がついた児童生徒の皆さんはいましたか?

〇月見団子
月見団子には、十五夜が穀物(お米)の収穫時期に重なっていたため、お米の粉で月に見立てて作った団子を供え、お米が無事に収穫できたことに感謝し、次の年の豊作を祈願するという意味があります。給食では、団子の中身は小豆ではなく、みたらしが入っていましたね。

9月8日 山梨県産のぶどうを提供!

〇ミルクパン

〇かつおフライ(中濃ソース)

〇野菜とウィンナーのソテー

〇ズッキーニ入りスープ

〇ぶどう
山梨県産のぶどうを提供しました。皆さん、お味はいかがでしたか?
ぶどうの旬は8月~10月頃です。また、生のぶどうを冷凍して食べるのもおすすめです!

9月7日 地産地消給食(いんげん)

〇麦ごはん

〇鮭の西京焼き
西京焼きとは、米麹を多く使った甘味のある白みそをみりんや酒でのばした漬け床に、魚の切り身を漬けて焼いたものです。西京とは「西の都」京都のことで、京都の伝統料理として親しまれています。

〇五目煮
入っていたいんげんは、富士河口湖町で収穫されました。

〇豚汁

9月6日 地産地消給食 (トマト  夕顔)

〇チーズパン
キューブのチーズが入ったパンです。チーズが好きな人には、ごろっとしたチーズが美味しかったですね。

〇鶏肉のマッシュポテト
子ども達に人気のメニューです。鶏の胸肉でも、マヨネーズでコーティングすることで、パサパサ感がなく美味しく食べられます。オーブンで焼くこともポイントです。後日レシピも掲載しますので、是非給食の味をご家庭でも試してみてください。

〇野菜カレーソテー
野菜が苦手な児童生徒も多いと思います。カレー味なら野菜が苦手な人でも、食べやすいと思い献立に取り入れました。以前、給食で提供したひじきのカレー炒めは、煮物よりも食べやすいので、子ども達にも人気でした。

〇フレッシュトマトスープ
富士河口湖町産のトマトと富士吉田市産の夕顔のスープです。夕顔は、うりの仲間です。花が夏の夕方に咲いて、次の日の午前中にはしぼんでしまうことから、「夕顔」という名前がつけられました。
トマトは、酸味が強いので、卵を入れて味をまろやかにしました。トマトが苦手な人でも、美味しく食べることができたのではないでしょうか?

掲載内容に関するお問い合わせはこちら
学校給食センター
住所:403-0002 山梨県富士吉田市小明見三丁目6番1号
TEL:0555-22-4466
FAX:0555-22-4477
トップへ戻る
富士吉田市教育委員会

〒403-8601 山梨県富士吉田市下吉田6-1-1
電話: 0555-23-1765  ファックス: 0555-22-6551